「むしづくしてん」

「虫尽くし展」

2017年9月9日(土) 〜 2017年11月5日(日) 開催中

佐野美術館  絵画・工芸(日本画・金工・漆工)

このあき佐野美術館さのびじゅつかんでは、むしをテーマにした美術品びじゅつひん展示てんじします。日本人にほんじんふるくからむし姿すがたごえで、繊細せんさい四季しきうつろいをたのしんできました。また、むしちいさな身体からだなかめられた力強ちからづよ生命力せいめいりょく神秘的しんぴてき存在感そんざいかん美術品びじゅつひんうつし、様々さまざま作品さくひんされました。

本展ほんてんは、古今ここんのアートにいきづくむしたちにまつわる作品さくひん展示替てんじがえをふくめてやく150てん展示てんじします。

 

 

 

チラシ作品:

葛飾北斎 ≪南瓜花群虫図≫江戸時代・天保14年(1843)すみだ北斎美術館蔵 【後期展示】

≪百足文朱漆蒔絵鞍≫ 江戸時代初期(17世紀)大阪城天守閣蔵  【前期展示】

部分作品(上より時計回りに):

井上恒也 ≪スケッチ 蜻蛉≫ 佐野美術館蔵 【通期展示】

宗達派 ≪秋草図≫ 佐野美術館蔵  【通期展示】

葛飾北斎 ≪北斎漫画≫ 初編 浦上蒼穹堂蔵 【前期展示】

内容・見どころ

本展ほんてんではテーマを4つにけて、それぞれの作品さくひん解説かいせつしていきます。

むしにせまる」

ここではおもに、中国ちゅうごく日本にほん絵画かいが博物図譜はくぶつずふ展示てんじします。中国ちゅうごくでは、むし吉祥きっしょうしるしとしてとうとばれており、むし題材だいざいとした絵画かいがはおめでたいとしておおえがかれてきました。日本にほんはその中国ちゅうごく思想しそうれ、そこに日本人特有にほんじんとくゆう感性かんせいわせ、繊細せんさい季節感きせつかんのあるうつくしい作品さくひんしました。

趙麒ちょうき蝦蟇仙人図がませんにんず中国ちゅごく明時代みんじだい(16~17世紀せいき根津美術館蔵ねづびじゅつかんぞう後期展示こうきてんじ】は、蝦蟇仙人がませんにん三足さんそくのガマガエルをしたがえているです。こしぜにをぶらげ(とみ象徴しょうちょう)、ももって(不老長寿ふろうちょうじゅ象徴しょうちょうえがかれています。かえるむしなの?とおもうかもしれませんが、かえる虫編むしへんですよね。むかしかえるへびむしとらえられていました。

趙麒《蝦蟇仙人図》中国・明時代(16~17世紀)根津美術館蔵【後期展示】

むしをデザインする」

漆工しっこう金工きんこう刀装具とうそうぐなどを展示します。

高瀬好山たかせこうざん自在 蟷螂じざいかまきり大正たいしょう昭和時代しょうわじだい(20世紀せいき清水三年坂美術館蔵きよみずさんねんざかびじゅつかんぞう通期展示つうきてんじ】。自在じざい自在置物じざいおきもの)は、金属きんぞく動物どうぶつむしなどを写実的しゃじつてきあらわし、さらに本物ほんものおなじように関節部分かんせつぶぶんうごかせるようにつくられています。今回こんかい展示てんじされるこの作品さくひん本物ほんものそっくりです。是非ぜひじっくりてみてください。

高瀬好山《自在 蟷螂》大正~昭和時代(20世紀)清水三年坂美術館蔵

むしものがたり」

むしにちなんだ歌合戦うたがっせん物語絵巻ものがたりえまき展示てんじします。

木下長嘯子きしたちょうしょうし原作げんさく十五番虫歌合じゅうごばんむしうたあわせ江戸時代初期えどじだいしょき(17世紀せいき西尾市岩瀬文庫蔵にしおしいわせぶんこぞうは、むしたちがそれぞれこいうたうたい、どちらがすぐれたうたうたったのか勝負しょうぶをしています。判定はんていするのはひきがえる。むしたちのせつなくなるようなこいうたくらべてみてください。

木下長嘯子原作《十五番虫歌合》(部分)江戸時代初期(17世紀)西尾市岩瀬文庫蔵

むしにみせられて」

佐野美術館さのびじゅつかん過去展覧会かこてんらんかいをしたことのあるゆかりの近現代作家きんげんだいさっか井上恒也いのうえつねや辻輝子つじてるこ吉澤章よしざわあきら作品さくひん展示てんじします。

井上恒也いのうえつねやむしのスケッチを展示てんじします。まるで本物ほんものているかのように細部さいぶまで正確せいかくえがかれているむしたちは必見ひっけんです。また、辻輝子つじてるこ作品さくひんは、自然しぜん一部いちぶったかのような可愛かわいらしいはなむしがモチーフの万華鏡まんげきょうならびます。吉澤章よしざわあきらがみでの虫尽むしづくし。一枚いちまいかみ駆使くししてまれたむしたちは、やさしくやわらかい表情ひょうじょうたのしめます。

辻輝子《万華鏡 蛾》平成8年(1996)佐野美術館蔵

 

■関連イベント

スライドレクチャー「虫尽むしづくし展の見どころ」

日時にちじ:9月16日(土)、10月14日(土)14:00~14:40

講師こうし河内かわちえり子(佐野美術館学芸さのびじつかんがくげいグループ主任しゅにん

会場かいじょう佐野美術館講堂さのびじゅつかんこうどう

聴講料ちょうこうりょう:100円

申込不要もうしこみふよう・レクチャー30分前ぷんまえより受付開始うけつけかいし

 

担当学芸員たんとうがくげいいんのギャラリートーク

日時にちじ:9月16日(土)、10月14日(土)15:00~

会場かいじょう佐野美術館さのびじゅつかん階展示室かいてんじしつ

申込不要もうしこみふよう聴講無料ちょうこうむりょう入館券にゅうかんけんをおもとめのうえ展示室入口てんじしついりぐちにおあつまりください

 

小中学生対象講座しょうちゅうがくせいたいしょうこうざ

駿河竹千筋細工するがたけせんすじざいくむしかごをつくろう

日時にちじ:9月30日(土)10:00~12:00

講師こうし八木信重やぎのぶしげ駿府匠宿すんぷたくみしゅく竹染工房たけぞめこうぼうインストラクター)

会場かいじょう佐野美術館講堂さのびじゅつかんこうどう

定員ていいん:20名

参加費さんかひ:2,000円(さのびこどもくらぶ会員かいいんは1,500円)

要申込ようもうしこみ先着順せんちゃくじゅん

※小学3年生以下は保護者同伴ほごしゃどうはん

※イベントのまえ展示室てんじしつでギャラリートークを行います。

 様々な方面から見た虫たちの競演を是非ご覧ください。)


)

詳細情報

名称 「虫尽くし展」
会場

佐野美術館

美術館・博物館情報を見る

観覧料

一般・大学生:1,000円(800円)

小・中・高校生:500円(400円)

※( )内は15名以上の団体料金

※毎週土曜日は小中学生無料

※9月18日(月・祝)敬老の日は65歳以上入館無料

※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引

※ 静岡県内の小学生はキッズアートプロジェクトしずおかミュージアムパスポート提示で無料
会期 2017年9月9日(土) 〜 2017年11月5日(日)
開館時間

10:00~17:00(入館受付は16:30まで)

前期 9月9日(土)~10月4日(水)

後期 10月6日(金)~11月5日(日)

前期・後期で作品を一部展示替え、頁替え、巻替えがあります。

休館日

木曜日

ウェブサイト

http://www.sanobi.or.jp/

http://www.sanobi.or.jp/exhibition/mushi_2017/

感想を書く




美術館情報

静岡県三島市中田町1-43

TEL:055-975-7278 (10:00~17:00)
FAX:055-973-1790

佐野美術館

この館の展覧会情報

新着展覧会情報