おおおかまこと ついとうとくべつてん

大岡信 追悼特別展

2017年9月16日(土) 〜 2017年11月26日(日) 開催中 終了間近

大岡信ことば館  文学 ,

今年ことし4がつ詩人しじん大岡信おおおかまことが86さいでその生涯しょうがいじました。大岡おおおか代表作だいひょうさくのひとつに「さわる」というがあります。30さいにさしかかるころかれたこのには、視覚しかく触覚しょっかくとおして、世界せかい感応かんのうする詩人しじんかたることができます。観念かんねんえて対象たいしょうちかづき、そこで知覚ちかくした不思議ふしぎ言葉ことばによってとらえようとした大岡おおおか姿勢しせい一貫いっかんしていて、それがとなり、批評ひひょうとなって、いきいきとわたしたちにかたりかけてくれます。

本展ほんてんは、多岐たきにわたる大岡おおおか仕事しごとなかから主要しゅよう項目こうもく抽出ちゅうしゅつし、手書てが原稿げんこう写真しゃしん映像えいぞう音声おんせいなど、貴重きちょう関係資料かんけいしりょうとともに、その軌跡きせきをたどれるように構成こうせいします。中心ちゅうしんとなるのは大岡信おおおかまこと言葉ことばそのもの。大岡信おおおかまこと言葉ことば表層ひょうそうれ、その深層しんそういきづく詩人しじん内面世界ないめんせかいたびしていただきたいとおもいます。

内容・見どころ

大岡信おおおかまことさんをおくかい」2017ねん6がつ28にち明治大学めいじだいがくアカデミーホールで開催かいさいのために制作せいさく上映じょうえいした、大岡信おおおかまこと軌跡きせきをたどる映像作品えいぞうさくひんや、貴重きちょう生原稿なまげんこう資料しりょう写真しゃしんなどをごらんいただけます。また大岡信おおおかまこと本人ほんにんによる朗読音声ろうどくおんせいなどをおきいただけるほか、大岡信おおおかまこと詩作品しさくひん展示空間てんじくうかん造形的ぞうけいてきはいした大岡信おおおかまことことばかんならではの展示てんじもおたのしみいただけます。大岡信おおおかまこと言葉ことばたいするふかおもいにれていただける展示てんじとなっております。

 

左:読売新聞記者時代 右:西ベルリン連詩制作

 

左:妻、大岡かね子と 右:一歳の頃

 

左:父、大岡博と 右:銕仙朗読会にて

「折々のうた」執筆中

 

左:詩考ノート 右:「折々のうた」生原稿

大岡信おおおかまこと

[1931 ねん– 2017 ねん] 富士山ふじさんからの湧水ゆうすいゆたかな「みずみやこ三島市みしましまれる。中学時代ちゅうがくじだいから詩作しさくはじめ、東大国文科とうだいこくぶんか在学中ざいがくちゅうより批評ひひょう注目ちゅうもくあつめる。読売新聞外報部よみうりしんぶんがいほうぶつとめたのち現代美術げんだいびじゅつ牽引けんいんする南画廊みなみがろう拠点きょてんに、国内外こくないがい様々さまざま分野ぶんや作家さっか親交しんこうふかめる。詩作しさく並行へいこうして、美術びじゅつ古典文学こてんぶんがく批評ひひょうをはじめとする芸術論げいじゅつろん活発かっぱつ展開てんかいした。朝日新聞あさひしんぶんに29年間ねんかん連載れんさいしたコラム「折々おりおりのうた」では、古代こだい歌謡かようから現代詩げんだいしまで、古今東西ここんとうざい詩歌しいか有名無名ゆうめいむめいとわずげ、その魅力みりょくおおくの読者どくしゃ提示ていじ連歌れんがから着想ちゃくそうた「連詩れんし」を海外かいがい詩人しじんともこころみ、日本にほん伝統的でんとうてき文芸ぶんげいにみられる、他者たしゃひらかれた創作そうさく現代げんだい息吹いぶかせた。

会期中のイベント

1. 対談 加納光於× 大岡玲
10月8日(日) 14:00 開演(13:30開場/15:30終了予定)
大岡信と共同制作も行っている画家 加納光於氏と大岡信のご子息で小説家の大岡玲氏に、大岡信について自由に語っていただきます。
・料金:大人2000 円|シニア(60歳以上)1600円|大高生1200 円|小中生600 円
(展覧会もご覧いただけます)
・定員:200 名(要予約)※未就学児入場不可

2. 対談 吉増剛造× 大岡玲
10月29 日(日)14:00 開演(13:30開場/15:30終了予定)
生前、大岡信と関わりの深かった詩人 吉増剛造氏と、大岡信のご子息で小説家の大岡玲氏に、大岡信について自由に語っていただきます。
・料金:大人2000 円|シニア(60歳以上)1600円|大高生1200 円|小中生600 円
(展覧会もご覧いただけます)
・定員:200 名(要予約)※未就学児入場不可

3. 「2017年 しずおか連詩の会 in三島」
11月12日(日)10:00 開演(9:30開場/12:30終了予定)
参加者:野村喜和夫、谷川俊太郎、四元康祐、覚和歌子、大岡亜紀
・料金:500円(「連詩の会」チケットご呈示で展覧会200円引き)
・定員:200 名(要予約)※未就学児入場不可

4. 三島をお散歩&詩の鑑賞ツアー1
10月21日(土) 10:00 開始(12:00終了予定)
大岡信の故郷「水の都」三島の街を歩きながら、水辺で詩の鑑賞をするツアーです。
・参加費:200 円
・定 員:15名(要予約)
・対 象:小学生以上

5. 三島をお散歩&詩の鑑賞ツアー2
11月18日(土) 10:00 開始(12:00終了予定)
大岡信の故郷「水の都」三島の街を歩きながら、水辺で詩の鑑賞をするツアーです。
・参加費:200 円
・定 員:15名(要予約)
・対 象:小学生以上

※会期中、来館者でつなげていく連詩を計画しています。詳細情報は追って公開いたします。

詳細情報

名称 大岡信 追悼特別展
会場

大岡信ことば館

美術館・博物館情報を見る

観覧料

大人1 0 0 0 円/シニア(60歳以上)8 0 0 円/学生(高校・大学生)6 0 0 円/子ども(小・中学生)3 0 0 円/未就学児 無料
・団体(4名以上)1 0 0 円引き
・プレミアフムライデー割引(月末金曜):15時以降高校生以上は500円
・リピーター割引:本展使用済み入館券をご呈示の方は半額
・「連詩の会」のチケットをご呈示で200円引き
※割引の併用は不可
・障害者手帳ご呈示の方およびその付き添いの方1名無料
・開館記念日(10 月5 日)は入館無料

※ 静岡県内の小学生はキッズアートプロジェクトしずおかミュージアムパスポート提示で無料
会期 2017年9月16日(土) 〜 2017年11月26日(日)
開館時間

10:00~17:00(最終入館は16:30まで)

休館日

月曜(祝休日の場合は開館し、翌平日休館)

ウェブサイト

https://kotobakan.jp/exhibitions/ooka-makoto

https://kotobakan.jp/

感想を書く




美術館情報

静岡県三島市文教町1-9-11(Z会文教町ビル1,2階)

TEL:055-976-9160
FAX:055-989-1360

大岡信ことば館

この館の展覧会情報

新着展覧会情報