展覧会概要

名称
榎真弓展 -Bound-
会期
2023年1月4日(水) 〜 2023年3月19日(日) 開催中
開館時間

10:00~18:00

休館日

1月16日(月)、2月13日(月)〜16日(木)、3月13日(月)・14日(火)*ロゼシアター休館日に休館

料金

無料

ウェブサイト
公式サイト
https://fuji-paperart.jp
facebook
https://www.facebook.com/fuji.paperart/

詳細情報

榎は、日々の営みに潜む現象を「unpredictability 予測不可能性」あるいは「randomness 無作為性」という視点で捉え、偶然がもたらす素材の可能性を探りながら作品化を試みています。

ここしばらくの間、榎は多数の紙を用いながら日々の「ドローイング」を続けてきました。そこには手法や素材へのアプローチ—偶然にできた色や形を紙に残す—が積み重なった、制作時の実験のプロセスが現れています。それらはそのまま彼女の手元に置かれ、数ヶ月、数年の時を経ているものもあります。今回の展覧会において榎は、自身のクロニクルの束ともいえる紙をあらためて再考察し、近年取り組んでいるテーマ’Binding’を展開した作品’Bound’として展示します。

紙は、榎にとって、作品を成立させる手がかりであり、同時に世界を知る思考の結び目です。「ふじ・紙のアートミュージアム」のシースルーなスペースで、周囲の風景を取り込み、様々な出会いを交差させながら、作品がどのように見えるか、についても榎は関心を寄せています。紙というあるひとつの事象が私たちにとって素晴らしい契機となることを願っています。

In her work, Enoki attempts to capture phenomena hidden in everyday life from the perspective of ‘unpredictability’ or ‘randomness’. She has been exploring the potential of materials brought about by chance and, in doing so, creates works of art.

Enoki has been working on daily ‘drawings’ on various types of paper for some time. Enoki creates random colours and shapes that vary with the paper’s texture – a process of experimentation at the time of production which challenges her methods and use of materials. Some of these experimental drawings she has kept for months or even years. Recently, Enoki has been working on the theme of ‘Binding’. For this exhibition, Enoki re-examines a bundle of paper which represents a chronicle of her thoughts and feelings. She will exhibit these papers tied together into ‘Bound’ pieces, thus developing the theme.

For Enoki, paper is one of the starting points for creating her work. Paper acts as a nexus bringing together her thoughts, ideas and understanding of the world. She is also interested in how the artwork will look in the glass space of the Fuji Paper Art Museum, where it will intersect and interact with views of the surrounding urban scenery, bringing various encounters together. We hope that this paper exploration will be a fantastic opportunity for us all. 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■略歴
榎 真弓(えのき まゆみ)
広島市出身、岡山市在住。
1983年 岡山大学教育学部卒業。1990年 ロイヤル・カレッジ・オブ・アート美術学部版画専攻修士課程修了。
The Royal Society of Painter-Printmakers準会員。
主な展覧会:2009年 浜口陽三100周年国際版画コンクール展(東京)、2019年 西枝財団助成事業展覧会2人展(京都)、2020年/2021年Megalo Intaglio Online Exhibition (オーストラリア)、2020年/2021年Woolwich Contemporary Print Fair(イギリス)、2022年 International Original Print Exhibition(イギリス)。
パブリックコレクション:Ashmolean Museum(イギリス)、大阪府立現代美術センター(大阪)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■関連イベント
特別講座「アーティストトーク」1月21日(土)13:30〜14:30
参加無料 申込不要(新型コロナウイルス感染症の影響等に伴い変更する場合は、ウェブサイト・facebookにてご案内をいたします。ご確認のうえお越しください。)

主催 富士市
主管 一般社団法人富士芸術村

美術館・博物館情報

〒416-0953 静岡県富士市蓼原町1750番地 富士市文化会館ロゼシアター1階

TEL:0545-32-6581
FAX:0545-32-6582