ワークショップ「切り絵」を作ろう IN 富士川第二小学校

10月4日(金)

切り絵は、いきなり「絵」を描き切り抜くことは進しいのですが、「文字」や「地形」 を切り抜くことから入ると子どもにとっても、馴訓染みやすく切り絵に入りやくなります。

富士山の形をした台紙に、富士市を褒めることばを文字にして雪化粧を表現するプログラムに挑戦しました。

 

【参加】

富士市立富士川第2小学校

5年生1組32人、2組31人

 

【講師】

切り絵アーティスト・福井利佐(静岡県出身)

 

↑朝から富士市は激しい雨のため授業開始が15分遅れましたが、晴天になりました。

↑水色の紙で富士山の形を作る準備です。

↑講師の福井利佐さんがみんなに説明をしています。テーマは「富士市をほめよう!」

↑まず、白い紙に、下書きをします。

↑どんな作品にしようかな?

↑デザインができたら福井さんに見てもらいアドバイスをもらいます。

↑ハサミとカッターを使って切っていきます。

↑みんなの作品を富士山に貼ると、白い文字が雪化粧のようになりました。

↑「美しい」「優雅」「山」「キウイ」「しらす」・・・・白い〇に文字を切り抜いた作品もありますね。「日本一」という作品もありますね。

↑福井さんがみんなの作品についてほめてくれます。うれしいですね。

★    ★

大雨警報で授業開始が遅れるというアクシデントがありましたが、

一人ひとりの作品は細かくきれいに出来上がりました。

そしてみんなの作品を富士山の雪に見立てて、1つの大きな作品が完成しました。